つらいこと

私のお母さんは 72才ですが あまりにも若いころに 私の弟は 重度の知的障害を持って生まれました 私の弟は 後頭部を卒業してから ほとんどの高等部の生徒が同じになるように どこかの施設課 作業場に行かされるハメになっていました そのことを 私のお父さん お母さんは本当にくやしくはずかしくかなしく思っていたので そして私も本当に深い 深い悲しみを持っておりました だから 私のお父さん お母さん そして私自身は 本当に心強い話 本当に力をつくし 本当に強いつくして弟を持ってきました お父さん お母さん 私は 弟のために お父さんはもっと大きな強い野心をもって 弟のためだけではなく 地域の皆特に弱い立場の人達のために働いてきましたが 私とお母さんは はっきり言って 本当に弟のためだけに 今の住所の作業場作っている その設立資金を 頑張って 頑張って 廃品回収をして作り上げてきました 私は東北大学に進み 仙台によ年間すすみましたが 七夕祭りを一度も見たことがありません 夏休み 春休みを一度もしたことがありません そのことで 私はものすごく親 恨みましたが 弟のことを憎んだことがありません 今となっては 私が本当に苦労していたこともお母さんもお父さんも本当に自分たちが苦労していたこともまったくついておりません 親が自分の子供たちのために 公開するということほど悲しいことはありません
借金相談 岡山